Information

新型コロナ・ウィルス対策について

2020年7月10日更新
日本では2歯科医院でクラスター発生しておりますが、歯科治療中に患者さんから感染したのではなく、社員同士で感染したとされています。
日本歯科医師会からも『歯科治療を通じて患者さんの感染の報告はありません』と5月1日に発表されています。
常日頃から感染対策を万全に取り組んでいますが、安心して歯科治療を受けて頂けますように下記の対策を更に追加しております。

患者様へのお願い

  1. 同居ご家族を含めて発熱、倦怠感、咳の症状のある方は、予約の延期変更をお願いします。
  2. マスクを持参し待合室では必ず着用をお願いします。
  3. 来院時には受付カウンター、洗口コーナー、エントランスに設置の消毒液で手指消毒をお願いします。
  4. 治療前に歯磨きをされる方は、洗口コーナーのご利用とブラッシング後は、手洗いと手指消毒をお願いします。
  5. 治療前に検温させて頂きとイソジンの洗口をお願いします。

その他、追加された主なコロナ対策

  1. 98%以上のウイルス除去可能な医療施設用空気清浄装置を4台天井に設置して全館をクリーン化
  2. 待合室での消毒液設置の追加
  3. 受付でのアクリル板の設置
  4. ドアノブ、待合椅子の消毒・清拭
  5. 待合室が過密にならないように予約を分散しております。
    *ご希望により車中、屋外でもお待ち頂けます。
  6. スタッフのマスク、ゴーグル、フェイスガードの着用
  7. スタッフの飲食以外の院内マスク着用義務とイソジン洗口
  8. スタッフの健康管理
    *自宅で検温し発熱のあるスタッフは出勤しません。

普段から行っている主な感染予防対策

  1. ヨーロッパ基準(300L以上/分)をクリアした強力な吸引力のカニューレと排唾管によるエアロゾルの吸引
  2. 患者さんごとに術者手袋、排唾管、エプロン、コップ等はディスポーザブルで交換
  3. 器具類の自動洗浄消毒・滅菌のシステム化による院内感染防止
    *4台のオートクレーブ(クラスBオートクレーブ有)を使用
  4. 患者さんごとに診療台のバリアテープで唾液付着防止と消毒液による清拭
  5. 多数のディスポーザブル器具、術着、衛生用品の使用
  6. 口腔外での義歯等切削時に専用吸引装置を使用
  7. 全ハンドピース類、切削器具、バキューム管(カニューレ)、スリーウェイシリンジの滅菌
  8. ラバーダムの使用
Copyrighted by YAMAZAKI DENTAL CLINIC.